HOME
開催概要講演会セミナーテクニカルフォーラム展示会お申し込みについてお問い合わせ
Archi Future 2011
開催主旨
BIM元年と言われた2009年1月から3年近くが経過した現在、BIMや各種シミュレーションツールをはじめとする先進的なITの活用が、大手ゼネコンや組織設計事務所で進展し、いよいよ中小の設計事務所・建設会社へも広がろうとしています。
この新しいコンピューテーションの活用が広がることにより、単なる"効率化のツール"から、"新しい価値創造のツール"への進化が、いよいよ具現化していき、デザイン、業務領域、報酬などにおける新しい価値の創造が、さまざまな面で"建築の力"を高めていくでしょう。
つまり、いま、まさに建築界は新しいコンピューテーションの活用により、大きな好機と
なる、大変革期を迎えており、その最新の技術・製品・動向などの情報を建築関係者が収集できる場が、いままで以上に必要とされています。
このような背景のもと、建築分野における情報化を中心とした注目の最新動向と最新のソリューションを紹介する「Archi Future 2011」を前年に引き続き開催する運びとなりました。
第4回となる今回も、建築界の明るい未来に向けて、著名人や第一線で活躍するキーマンによる講演会・セミナー、および最新技術・製品を一堂に会した展示会を中心に、意欲的な企画を実施いたします。
本イベントを通じて、建築界に情報化による明るい話題と方向性を提供し、建築の新しいデザイン、プロセス、価値向上などの可能性や方向性などを、多くの建築関係者の方々に感じていただきたいと考えております。そして、これからの時代に向けて建築設計者や技術者などの方々が、新しいアドバンテージを持てるよう、さまざまな情報を発信いたします。
皆様のご来場を心からお待ちしております。


開催概要
名 称 : 『Archi Future 2011』
開催日: 2011年10月7日(金)
会 場 : TFTホール(東京都江東区有明3-4-10 東京ファッションタウンビル西館)
主 催 : Archi Future 実行委員会
共 催 : プロプラン
後 援 : (社)日本建築学会、(社)日本建築家協会、
(社)日本建築士会連合会、(社)日本建築士事務所協会連合会、
(社)日本建設業連合会、(財)建設業振興基金、
(財)建築環境・省エネルギー機構、(社)日本建築構造技術者協会、
(社)建築設備技術者協会、(社)日本鋼構造協会、
(社)日本ファシリティマネジメント推進協会、
(社)日本建築積算協会、(社)日本建設業経営協会、
(社)建築研究振興協会、(社)照明学会、日本オフィス学会、
(社)IAI日本
協 賛: アルファコックス、グラフィソフトジャパン、ダッソー・システムズ
(以上プラチナスポンサー)
アプリクラフト、エーアンドエー、NYKシステムズ、オートデスク、
コミュニケーションシステム、GSA、シェルパ、ジオプラン、シスプロ、
Z Corporation、日本ヒューレット・パッカード、フォーラムエイト、
福井コンピュータ、富士通四国システムズ、レノボ・ジャパン
(以上ゴールドスポンサー)
事務局: Archi Future 運営事務局(株式会社プロプラン内)
入場料 : 無料
来場対象 : 設計事務所、ゼネコン、サブコン、発注者・建築主、デベロッパー、住宅メーカー、工務店、建材メーカー、家具メーカー、教育関係者 他
予定来場者数: 3,500名
U R L : http://www.archifuture.jp/2011/


全体構成
  • 基調講演 (講演会場 TFTホール HALL500)
  • 特別対談1・2(講演会場 TFTホール HALL500)
  • パネルディスカッション(講演会場 TFTホール HALL500)
  • セミナー(セミナー会場 TFTホール HALL300)
  • テクニカルフォーラム (展示会場 TFTホール)
  • 展示会(展示会場 TFTホール)


Copyright (c) 2011 Archi Future 実行委員会 All Rights Reserved.