HOME
開催概要講演会セミナーテクニカルフォーラム展示会お申し込み来場案内
Archi Future 2011
Archi Future 2011 講演会
建築界の世界的なトレンドや、日本の建築界の進むべき方向性などについて、建築界の著名人および第一線で活躍するキーマンが、講演および対談、パネルディスカッションを実施。
開催日: 2011年10月7日(金)
会  場: TFTホール HALL500
定  員: 各講座400名
  参加無料(事前申込制)



基調講演 10:30〜11:35
グローバリゼーションにおける建築の実践と教育

建築家:阿部 仁史氏[カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) 芸術・建築学部 建築・都市デザイン学科長 / UCLA  Paul I.and Hisako Terasaki 日本研究センター所長]

東日本大震災における建築家による復興支援のネットワーク<アーキエイド>について




特別対談@ 12:45〜14:00
時代を継ぎ、超えるデザインとは?

構造家:斎藤 公男氏[日本大学名誉教授]× 建築家:山梨 知彦氏[日建設計 執行役員 設計部門代表] コーディネーター 建築家:松家 克氏[建築家 / ARX建築研究所 代表 / 武蔵野美術大学 理事]

アーキニアリングデザイン展2011開催のお知らせ




特別対談A 14:20〜15:35
デジタルな有機的空間構築 −世代を超えた期待と挑戦−
建築家:新居 千秋氏[東京都市大学 教授 / 新居千秋都市建築設計代表]×建築家:豊田 啓介氏[ノイズ パートナー] コーディネーター 池田 靖史氏[建築家 / 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 教授 / IKDS代表]



パネルディスカッション 16:00〜17:20
建築主が期待するBIMによる新しい価値創造
パネリスト:吉田 弘氏、似内 志朗氏、梅垣 春記氏、村松 弘治氏、綱川 隆司氏/コーディネーター:山下 純一氏



Copyright (c) 2011 Archi Future 実行委員会 All Rights Reserved.