HOME
開催概要講演会セミナーテクニカルフォーラム展示会お申し込み来場案内
Archi Future 2014
Archi Future 2014 セミナー
コンピュテーションの力を活用し、建築の領域を拡げ、“建築の力”を高めていく建築業界のキーパーソンが、その活用の実際と今後の方向性や未来像について講演。
開催日: 2014年10月23日(木)
会  場: TFTホール HALL300
定  員: 各講座200名
  参加無料(事前申込制)


プログラム
[S-1]10:20〜11:50 Build Live Japan 2014 Ishigaki ―海と風と星とBIM―/審査員:松家 克氏 建築家 / ARX建築研究所 代表 / 武蔵野美術大学 理事、渡辺 仁史氏 早稲田大学 創造理工学部 建築学科 教授、池田 靖史氏 建築家 / 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授 / IKDS代表、山梨 知彦氏 建築家 / 日建設計 執行役員 設計部門代表 デジタルデザイン担当、豊田 啓介氏 建築家 / ノイズ パートナー
[S-2]12:30〜13:10 シンガポールにおけるBIM先進プロジェクトの実際 ―超高層ビルの設計施工で見えてきたBIMの効果―/石澤 宰氏 竹中工務店 設計担当
[S-3]13:30〜14:10 現場で喜ばれる設備BIMのマネジメント手法 ―パラメトリック・デザイン建築からリニューアルまで、幅広い事例とメリットの紹介―/谷内 秀敬氏 新菱冷熱工業 技術統括本部 BIMセンター 専任課長
[S-4]14:30〜15:10 FMをモデル化したBIMデータの構築と運用 ―オーナーが期待する建物ライフサイクルBIMの実現に向けたポイントの解説と事例紹介―/松岡 辰郎氏 NTTファシリティーズ 研究開発本部 アドバンストFM部門 主任研究員
[S-5]15:30〜16:10 アルゴリズミックデザインとデジタルファブリケーション ―単純な仕組みで多様な建築群を生成する―/松川 昌平氏 建築家 / 慶應義塾大学 環境情報学部 専任講師 / 000studio 主宰
[S-6]16:30〜17:10 デザインの下敷き ―都市のポテンシャルを計るソフトウェアの開発―/新井 崇俊氏 工学博士 / hclab. コアメンバー / 東京大学 生産技術研究所 特任助教、市川 創太氏 建築家 / hclab. コアメンバー / ダブルネガティヴスアーキテクチャー 主宰

※都合により、プログラム・講師等が変更になる場合があります。予めご了承ください。




Copyright (c) 2013 Archi Future 実行委員会 All Rights Reserved.