事例レポート

シーラカンスK&H株式会社 グラフィソフトジャパン

Archicadを用いて多彩なデザインを生み出し、さらなる発想の創出を目指す

シーラカンスK&H株式会社
代表取締役 堀場 弘 氏
奥村 禎三 氏

シーラカンスK&Hは、建築家の堀場弘氏と工藤和美氏が主宰する日本を代表するアトリエ設計事務所の1つである。日本建築学会賞をはじめ、文部科学大臣賞、グッドデザイン賞、JIA日本建築大賞などの受賞歴を誇り、学校や図書館を中心とする公共建築から商業施設、住宅、家具まで、意欲的なデザインワークを広く展開している。
そんな同社は、ArchicadをメインツールとするBIMを用いたコンピュテーショナルデザインの多彩な活用にも積極的であり、数々の先端的な取り組みを意欲的に続けている。今回、BIMを活用し、さまざまなクリエイティブな作品を生み出し続ける、同社の代表取締役 堀場弘氏と奥村禎三氏にお話を伺った。

業界に先駆けコンピュータを活用

「建築設計におけるコンピュータ活用に、私たちはかなり早くから取り組んできました」と語るのは、シーラカンスK&Hの代表で建築家の堀場弘氏である。同社が活動を開始した1986年は、建築業界に2次元CADが広まり始めた頃。むろん堀場氏らも使い始めていたが、それとは別にコンピュータを用いた取り組みも進めていたという。例えば1990年の“K-Project”という大規模な集合住宅だ。「こういう大型団地の計画では日照時間の確保が重要です。設計も日照をどのように建築の形へ落とし込むかがカギなので、日影ソフトを使い、配棟計画をスタディしました。高さを上げれば影が増える、という関係をコンピュータで検討しながら形を決めていったんです」。

  • シーラカンスK&H株式会社
    代表取締役 堀場 弘 氏
  • シーラカンスK&H株式会社
    奥村 禎三 氏

次に堀場氏が紹介してくれたのが“砂丘博物館”(1996年)。砂丘に建物が半分埋め込まれたような点が特徴的な建築計画である。「埋め込まれた建物の屋根が砂丘と連続するため、砂丘の微妙なアンギュレーション表現や、屋根の窪みに砂が溜まらぬようにする方法が課題でした。そこで3Dスタディや風シミュレーションも活用しながら形を決めていきました」。一方“ベイステージ下田”(2000年)プロジェクトでは、斜めの柱型をどうレイアウトするかが課題となった。そこでラーメン構造で断面を最小限にできるという構造設計者のアイデアを元にプログラムを作成。この斜めパターンを大量発生させた上で絞り込んでいく、というコンピュテーショナルデザインを活用したのである。

砂丘博物館

このように同社は意欲的にコンピュータ活用の取り組み、その知見を集積している。その中で、大きなターニングポイントとなったのが2004年の新規ツール導入だった。前述のとおり、その頃すでに同社では3次元によるスタディも行なっていたが、ツール自体はモデリングソフトを2次元CADと併用している状況だった。その中で2000年頃、同社へ入ったエジプト人スタッフが、当時同社では使用したことがない3次元ソフトを持ち込み、使い始めたのである。「それが高機能なのにとても使いやすく見えました。横目で見ていたスタッフたち皆も、これは良いし業務にも使えると。早速、使ってみることに決めたのです。それがArchicadでした」。

Archicadを核とするBIM設計へ

「Archicadの魅力は、3Dモデルを作るだけでなく、そのモデルデータから図面を切り出しレンダリングしてCGパースを作るなど、1台で業務に関わるすべてをトータルにカバーできる点でした」と堀場氏は続ける。もちろん、これをいきなりメインツールとして作図に使うのは難しかったが、いずれ必ず模型を組立てるように設計する時代が来ると考えた堀場氏は、Archicadを積極的に使用していった。「当初、Archicadは3次元スタディやパース制作のレンダリングツール的な運用が中心で、図面は2次元CADで書いていました。しかし、やがてこの併用スタイルが困難になってきました」。2D / 3Dなど複数のツールを併用すると、どうしてもコストが高くなっていくからだ。
「それでメインに選んだのがArchicadです。将来性はもちろん、Archicadの普及が進むにつれ事務所全体の効率化も進んでいる実感があったためです。私自身、さまざまに検討する時間など、純粋にクリエイティブに費やす時間を増やしたいという想いがありました」。そして少しずつArchicadをメインツールとする制作体制が確立され、同社のコンピュテーショナルデザインはさらに加速していく。

金沢海みらい図書館

「次は2008年から開始した“金沢海みらい図書館”(2011年)プロジェクトを紹介しましょう。約45m角のワンルームに収めた大きな広場を連想させる図書館で、いかに大空間へ自然に光を入れるか、どんな風に開口部を開けるかがポイントでした」。堀場氏らが構想したのは、大中小3種の円窓型開口6,000個がランダムに並んだ外壁だ。この膨大かつ不規則な外壁の開口を、構造的な整合性を取りながらいかに実現するか、という難題の解決には、やはりコンピュータの力が欠かせない。プログラミングにより100パターン以上の円窓配置を生成し条件を決めて絞り込んでいったほか、Archicadによる日影シミュレーションや3次元スタディなども活用したのである。

さらなるクリエイティブな発想を求めて

「現在では当社のほとんどのプロジェクトが、BIMを活用した設計で進められています」。そう語るのは、BIMやICTツールによる取り組みを同社で牽引する奥村禎三氏である。「Archicadと連携させてRhinocerosなどの3Dモデリングソフトを使ってより自由度の高い3次元設計を行っていますし、プレゼンでもBIMxのウォークスルーをはじめ、高度なビジュアライゼーションツール Twinmotionを活用。ムービーや3Dモデルによる提案や打ち合わせを行うようになっています。昨今はコロナ禍の影響もあり、BIMcloudでチームワーク機能を使い遠隔から複数人でプロジェクトを進めており、slackなどを活用し、社内環境はほぼクラウド化されています」。

スタディブロックとゾーンでの検討

このように進化し続ける同社が目指すBIM設計はどのようなものか。同社独自のBIM活用手法を奥村氏にいくつか挙げてもらった。「例えば初期の検討段階で使うゾーンツールがあります。もともと当社は学校建築などの設計初期段階でスタディブロックという模型ツールを使っていました。これは教室や廊下、体育館など、用途や大きさにより異なるブロック使ってスタディする手法で、学校建築などに有効です。Archicadのゾーンツールはこのスタディブロックに似ており、言わばデジタル空間上のスタディブロックなのです」。奥村氏はまずスタディブロックで方向性を絞り、これをゾーンツールで再検討することで多くの案をスピーディに発展させているのだと言う。
「某学校のプロジェクトでは、このやり方で素早く形を検討し、構造も入れて詳細度を上げていく手法を取りました。スタディブロックをデジタル空間上に構築したことで、ゾーンと連動した面積表や日影図を作り設計精度を向上できたのです」。
次は、ある図書館のプロポーザル案件である。3D曲面の屋根形状を持つ難度の高いデザイン案を短期間で仕上げた事例だ。「この時は平面計画に加え屋根の3D曲面も検討が必要で、1週間でプレゼンまで仕上げなければなりませんでした。そこで屋根をRhinocerosで、敷地との関係や平面計画をArchicadで検討し、Twinmotion上で統合してプレゼンしました。適材適所でツールを使い分け、短期間で複雑な形状の検討プレゼンが実現できました。この案件は実際に最優秀候補に選定され、現在プロジェクトが進められています。そこではパラメトリックデザインツールであるGrasshopperとArchicadをLive-connectionで連動させてより詳細な検討を進めています」。

某図書館のGrasshopperとの連携

現在、同社のBIM設計への取り組みはさらに進み、実施設計図のBIM化などにも着手。進行中の大学施設のプロジェクトでは、実施設計段階におけるArchicadの本格的な運用を開始し、BIMモデルの実施設計図化等にも取り組んだという。
実施設計用に100種類程度のプロパティを設定し、仕上表、平面図、立面図、平面詳細図、建具表などの基本図面をBIM化することで、図面間の整合性を高め、また図面作成の工程も大幅に効率化された。

某大学施設BIMモデル

そんな同社の現状と今後について堀場氏は「BIM設計を進化させていく中で、設計スタイルの変化とメリットを感じています。例えば効率化については、最近では2割程度を削減できている実感があります。また、設計者にとっても、何か新しいものを創りだしたい時、コンピュテーションの活用は極めて有効です。もちろん自分自身の発想も重要ですが、さらに“その発想を超えた何か”をコンピュータの力も借りて見つけていきたいと思います」と意欲的に語る。

CORPORATE PROFILE

会社名 シーラカンスK&H株式会社
事業内容 建築の企画・設計・監理、及び地域・都市計画に関する企画・調査・研究ほか
所在地 東京都杉並区
代表者 堀場 弘、工藤 和美

その他の事例レポート紹介