事例レポート

ダイキン工業株式会社 ダイキン工業

DK-BIMなどの多彩なBIMソリューションでユーザーを多角的に支援しメリットを提供する「空気で答えを出す会社」

ダイキン工業株式会社
空調営業本部 事業戦略室 村尾 昌紀 氏(DK-BIM(設計))
空調営業本部 事業戦略室 廣澤 史彦 氏(DK-BIM(設計))
電子システム事業部 営業部 本永 拓 氏(Rebro D(設計、施工))
電子システム事業部 営業部 営業担当課長 臼井 晋介氏 (ARCHIBUS(維持管理))

空調機器のトップメーカー ダイキン工業がBIMへの取り組みを加速している。BIMといえばゼネコンや設計事務所、サブコンなど「作り手」による展開が中心だったが、ダイキンではこれら作り手や建物管理会社、建物オーナーまで含む幅広い対象に、多様なBIM&ICT支援サービスの提供を開始。クラウド型空調設計支援システム「DK-BIM」やライセンスシェア対応設備CAD「Rebro D」、建設業向けBIM-FMデータベース「ARCHIBUS」など、多彩なBIMソリューションで注目を集めている。その背景と狙いについて、同社空調営業本部 事業戦略室の廣澤史彦氏、村尾昌紀氏、および同社電子システム事業部 営業部の臼井晋介氏、本永拓氏に伺ってみた。

「情報」の活用こそ効率化のカギ

「ダイキン工業が考えるBIMへのアプローチは、BIMによって建設業界全体に変革を起こす──ことではありません」。空調営業本部 事業戦略室の廣澤史彦氏と村尾昌紀氏はそんな風に語り始めた。「私たちが目指すのは、あくまで“お客様へメリットを提供する”ためのBIM利用なのです。では、そのために何が必要なのでしょうか」。BIMといえば一般的に3Dモデルを使うこととされがちだが、ダイキン工業では「Building Information Modeling」の「Information」すなわち「情報」の活用こそ、より幅広い分野の効率化や生産性向上のカギを握っている、と考えているのだ。

左から順に
ダイキン工業株式会社
空調営業本部 事業戦略室 村尾 昌紀 氏(DK-BIM(設計))、空調営業本部 事業戦略室 廣澤 史彦 氏(DK-BIM(設計))
電子システム事業部 営業部 本永 拓 氏(Rebro D(設計、施工))、電子システム事業部 営業部 営業担当課長 臼井 晋介 氏(ARCHIBUS(維持管理))

「この情報とはその建物に関わる総合的な情報であり、従来は図面や書類、メモ書きなどに散らばって見つけ難く、時に再入力さえ必要になりました。これら雑多な情報を一堂に集め、3Dモデルという容れ物に入れて上手く活用しよう、ということをBIMと捉えたのです」。このBIM本来の目的を改めて実現しよう、というのがダイキン工業のBIM戦略といえる。そして、それにはこれらの情報を誰でも利用できるような環境と、そこから新しい情報を生み出せるようにするシステムが必要だった。こうして開発され、無償提供されているのが、クラウド型空調設計支援システム DK-BIMだ。
DK-BIMは、建築設備設計で設計者の大きな負担となっている空調関連の計算や機器選定、資料作成などの作業をクラウド上で自動化し、設計・施工作業を効率化するシステムである。「RebroやRevit、ARCHICADなどのBIMソフトと連携し、自動計算に使う情報をそれぞれのBIMモデルから取り込めるのが大きな特徴です。しかも計算などの作業はクラウド上で行われるので、利用者はネット環境さえあれば、いつでもどこでも最新の情報・機能を利用できます」。そして、さらにユニークなのはDK-BIMが対応しているのがBIMデータだけではない、という点である。「設備業界ではBIMモデルの普及はまだまだこれから。実際には2Dデータや紙ベースの図面も多く流通している状況です。そこでDK-BIMでは、こうした“BIMデータ以外のデータ”にも対応しました」。例えば、DK-BIM上で直接条件を入力したりインポートシートを使ったり、あるいはほかの計算ソフトなどの結果も取り込み、BIMモデルがなくてもDK-BIM単独で活用が可能なのだ。さらに熱負荷計算や空調機器選定など各機能を単独で使えるなど、ユーザー個々のニーズにも柔軟に対応する。いわばBIMを使う人にも使わない人にも、どちらにも活用可能なシステムなのだ。

「DK-BIM」

DK-BIMの機能は熱負荷計算と空調機器選定、資料作成の3つだったが、現在は新たな拡張機能の実装も進んでいる。機器選定では空調機器に加え冷媒配管選定も可能となり、しかもその結果を利用してそれらの機器をCADへ自動配置したり、逆に作図された冷媒配管の情報を元に配管サイズを自動選定。さらには機器選定の結果から計装図を自動作成したり、距離や壁、室外機位置などから騒音計算することまでできる。「まさに、DK-BIMは、入力された情報を引用・活用し、そこから新しい情報を生み出すことにより、さまざまな側面から設計効率化を強力に支援するのです」。

最適化したBIM環境でBIMデータを最大限活かす

「一方、BIMを活用しやすい環境を提供し、工期短縮や手戻り減を実現するのが、ライセンスシェア対応の建築設備専用CAD“Rebro D”です」。語り始めたのは電子システム事業部の本永拓氏である。BIM対応設備専用CADとして人気のRebroだが、導入コストはほかの専用CADと同じくユーザーにとって大きな課題だ。通常、CADはユーザー1名につき1ライセンスの購入が求められ、そのユーザーが使わない空き時間でも、別のスタッフが使うことはできない。この「1人のライセンスは1人のもの」という発想を転換し、「複数人で使い回すライセンス」を実現したのがRebro Dだ。
「Rebro Dは、ライセンスを合理的に使い回すことでその空き時間をなくし、最適化された運用が可能となるRebroです。ダイキン独自のライセンスシェア技術により、フル機能を使えるRebroで1人1台体制に等しい環境を最小コストで実現できます」。例えば、A氏・B氏が1本のRebro Dをシェアしたとしよう。A氏の利用中は通常のライセンス運用で新たな課金は発生しない。もし同じ時間帯にB氏が使い始めると、時間貸しで別のRebroが起動して課金が発生する。A氏がRebro Dを使い終えるとライセンスは即座にB氏に切り替わり、無駄のない効率的な運用が実現されるのである。

「Rebro D」

「ライセンス+時間課金の仕組みを上手く組み合わせ、トータルなランニングコストを削減できるのが、Rebro Dの特徴です。まずはこれを導入してBIMを開始し、利用率が上がってきたらライセンスを増やすやり方で、いわばスモールスタートによるBIMに着手できるのです」。と語った本永氏に続いて、同じく電子システム事業部の臼井晋介氏が語り始めた。「国土交通省の建築BIM推進会議でも、近年重要な課題として取り上げられるようになったテーマが維持管理BIMです。この維持管理BIMへの関心の高まりが、ARCHIBUSの新たな展開の出発点となりました」。
ダイキン工業が考えるBIMは、エンジニアリング段階で蓄積した多様なデータの利活用を重視している。ARCHIBUSでは特に専門分野の空調を主体に、働く環境などの“空間での利活用”を推進。さらにその空間を内包した建物のライフサイクルまでマネジメントしようと考えている。「ARCHIBUSは米国ハーバード大学発祥のBIM-FMデータベース。地図や建物、各フロア、設置された設備やその機器台帳まで統合的に管理運用できるのが大きな特徴です。私たちはRevitやRebroなどのBIMソフトからここにデータを収集、蓄積し、さまざまな用途に展開することを目指しています」。

「ARCHIBUS」

ARCHIBUSは、設計情報や地図情報と連携しながら、土地・建屋・工事 / 施設に関わる情報 / 業務プロセス・プロジェクトを、ユーザーにとってもわかりやすい形で提供することができる。そのためBIMの普及と歩を合わせるように、FM分野においてARCHIBUSの導入と活用が急速に広がり始めている。「実際、BIM先進国と言われる欧米諸国を中心に、海外では先進的企業を中心に2万4,000社以上の導入実績があります。日本国内への普及はまだまだこれからですが、前述した国土交通省による維持管理BIM推進の流れもあり、ニーズが高まりつつあることを実感しています」。

BIMとICTを活かし「空気で答えを出す会社」

ここまでの話から、改めてダイキン工業のBIMに関わるさまざまな取り組みを見ていくと、一見、部門ごとに独立した動きをしているようで、実はそれらがすべて結びつきながら空調を中心とする広汎なフィールドをカバーしようとしていることに気付く。DK-BIMやRebro D、ARCHIBUS、そしてそのほかのさまざまなツールやサービスが結びつき、トータルなBIMソリューションとして多角的にユーザーの取り組みにより沿いながら力を発揮しているのだ。
「空気で答えを出す会社」とは、ダイキン工業が打ちだしたキャッチフレーズだが、まさにダイキン工業は、独自のBIMや多様なICTによって、ユーザーである設計者にとって、施工者にとって、そしてすべての生活者にとって真に心地よい・なくてはならない快適空間を作りだすことで、人々を力強く支援していこうとしているのである。

CORPORATE PROFILE

会社名 ダイキン工業株式会社
創業 1924年10月 設立 1934年2月
資本金 850億3,243万6,655円
事業内容 空調・冷凍機、化学、油機、特機、電子システムほか

その他の事例レポート紹介