HOME
開催概要講演会セミナーテクニカルフォーラム展示会お申し込み来場案内
テクニカルフォーラム Archi Future 2016
テクニカルフォーラム
実務者の業務効率化や新しい価値創造をサポートする最新のソリューションの特性や利用事例等をわかりやすく解説。

開催日: 2016年 10月27日(木)
会  場: TFTホール
定  員: 各50名
  参加無料(事前申込制)
 

プログラム
[T-1]
11:15〜11:45 受付終了
次世代BIMの先進的取組み事例
- 工学知を活用したBIMソフトのカスタマイズによる設計業務改善について -
構造計画研究所 住環境営業部 技術営業担当 後藤 孝二氏
[T-2]
12:00〜12:30 受付終了
BIM-FMの課題と実力
- JAPAN-BIMで進化するデータベース相互連携 -
福井コンピュータアーキテクト J-BIM推進室 主任 飯島 勇氏
[T-3]
12:45〜13:15 受付終了
BCFを使った情報共有とレブロの新機能開発
-「BIM Collaboration Format(BCF)」での情報共有と梁貫通可能領域の検討 -
NYKシステムズ 取締役 開発部 部長 小倉 哲哉氏
[T-4]
13:30〜14:00 受付終了
BIMを新たな目で / Fresh look at BIM
- Building Information ModelからBuilding Information Managementへ -
グラフィソフトジャパン BIMインプリメンテーション 部長 飯田 貴氏
[T-5]
14:15〜14:45 受付終了
通風デザインのための気流解析
- 無料アプリから3次元熱流体解析まで -
ソフトウェアクレイドル 営業部 部長 吉川 淳一郎氏
[T-6]
15:00〜15:30 受付終了
実例で見るBIM レベル3による施工BIMの現実
ダッソー・システムズ 建築・建設業界マーケティングディレクター 森脇 明夫氏
[T-7]
15:45〜16:15 受付終了
BIMワークフローの問題を解決に導く次世代ツール
-「FUZOR2017」「FUZOR CONSTRUCTION」の紹介 -
レッドスタック ジャパン BIM技術部 アプリケーション エンジニア 小宮山 涼介氏
[T-8]
16:30〜17:00 受付終了
設計図書を効率的に管理・運用するクラウド サービスBIM360 Docsのご紹介
- 設計図書、3Dモデル、各種書類などの一元管理をクラウドで実現 -
オートデスク 技術営業本部 建設ソリューション BIMスペシャリスト 内藤 聡氏

※都合により、プログラム・講師等が変更になる場合があります。予めご了承ください。



Copyright (c) 2015 Archi Future 実行委員会 All Rights Reserved.